ロボットと連動する3Dセンサの新商品開発

ロボットと連動する3Dセンサの新商品開発 イメージ

インターンシップ実施期間
8/29(月)~9/9(金)
実働10日間
実施場所
草津事業所(滋賀)
応募条件
センサに興味がある方
あると好ましい経験・知識
構造設計、光学設計の知識がある方

インターンシップ実施内容

近年、製造業では人手不足・人件費高騰の課題があり、ロボットによる自動化が急務となっています。そこでオムロンでは、組立工程の中で単純作業である、ばら積みされた部品を自動機へ供給する部品ピッキングをロボットで自動化するシステムを開発しました。我々の開発チームはロボットの目となる3Dセンサ開発を担っており、その3Dセンサの設計実習を通じて、企業における商品開発のプロセスを学んでいただきたいと思います。その中で、具体的な実習内容としてシミュレーションと3Dプリンタを活用した設計を行っていただきます。

インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
商品事業本部 センサ事業部

当日お話する先輩社員のプロフィール
学生時代に取り組んでいたこと
機械工学を専攻していて、量子力学に関する研究室に所属していました。
STM(走査型トンネル顕微鏡)という装置を用いた金属のナノ加工に関する研究を行っていました。
現在の仕事内容
シミュレーションを活用した、3Dの画像センサのメカ設計を行っています。前職ではMEMSの設計を担当していました。
学生の皆さんへ
私は転職してオムロンにきました。面接の時は学生時代のように緊張していました。座談会では今の時代の働き方など、皆さんが興味あることをお答えさせて頂きたいと思います。

トップへ戻る

イベントは終了しました。
ご参加ありがとうございました。