機能性材料を用いた新規感触デバイス開発

機能性材料を用いた新規感触デバイス開発 イメージ

インターンシップ実施期間
8/29(月)~9/9(金)
実働10日間
実施場所
岡山事業所(岡山)
応募条件
材料に関する基礎的な知識をお持ちの方
あると好ましい経験・知識
分析装置の知識をお持ちの方

インターンシップ実施内容

近年、デジタル化社会の進展に伴い、インターフェースが進化しています。進化するインターフェースに対応し、入出力デバイスも進化しています。本実習では、感触性を付与した新しい入力デバイスの開発プロセスの一部を体験していただきます。本実習を通じて、材料評価から材料を組み込んだデバイスの組み立て、評価までのプロセスだけでなく、企業における社会貢献の考え方や、チームで取り組むことの重要性も学んでいただきます。

デバイス&モジュールソリューションズカンパニー
技術統括部 材料技術グループ

当日お話する先輩社員のプロフィール
学生時代に取り組んでいたこと
光メタマテリアルの新規デバイスの研究をしていました。
数100nmの大きさのメタマテリアルが光にどのように反応するのかなどを評価していました。
現在の仕事内容
新規機能材料デバイスの技術開発を行っています。
デバイスを商品化するために必要な技術の構築や新たなデバイスの展開先を探すことを行っています。
学生の皆さんへ
学生時代はどんなことがやりたいか、これから何がやりたいかを考えるのが凄い難しいと思います。変わってもいいので大雑把にでも考えると仕事のイメージがついてくると思います。

インターンを通じて実際の仕事がイメージできるように課題解決のサイクルを回して、技術開発のおもしろさを体験していただけたらと思います。

トップへ戻る

イベントは終了しました。
ご参加ありがとうございました。