社会システム事業におけるデータ分析の技術開発・検証

社会システム事業におけるデータ分析の技術開発・検証 イメージ

インターンシップ実施期間
8/29(月)~9/9(金)
実働10日間
実施場所
野洲事業所(滋賀)
応募条件
情報系(ソフトウェア設計)または理学系(統計学)の技術・知識をお持ちの方
あると好ましい経験・知識
数理工学(統計、信号処理)或いは機械学習の知識・スキルがある方
プログラミング能力(C、C++、Python、Matlab)がある方

インターンシップ実施内容

私たち事業開発統轄本部技術創造センタは、鉄道事業者や小売事業者、自治体等に向けたデータ分析サービスや商品の開発を行っています。今回の実習では、実際の顧客のデータを使った分析、アルゴリズム実装、検証、結果報告の一連のプロセスを経験していただきます。

オムロン ソーシアルソリューションズ
事業開発統轄本部 技術創造センタ

当日お話する先輩社員のプロフィール
学生時代に取り組んでいたこと
大学時代は理学研究科数学専攻に所属しており、理論数学の研究をしていました。尖った点などの「特異点」とそれを表す方程式の関係性に関して研究していました。

研究そのものは入社してから使っていませんが、AIも中身は数学ですので、学部時代の数学が論文を読む際の理解に非常に役立っています。先輩方からも数式に関する質問をよくされます。
現在の仕事内容
研究職としてAIの新規技術を研究しているのが半分、
残りの半分は社内の営業や他技術職に対して「AIをうまく使えばこういう新しい商品やサービスが作れると思うのですがいかがでしょうか!」という提案やディスカッションをしています。(いわゆる企画職に近いです)

実際にこちらからAIサービスを提案したことで商品になったものもあります。
学生の皆さんへ
私もインターンに複数社行きましたが、ネットで調べただけでは分からないようなことがインターンに参加することで分かったことが多くありました。参加した結果、「この会社合うな!」と思う会社もあれば、「ここは合わないな…」と思う会社もありました。研究との兼ね合いが許す限り、オムロンだけではなく、様々な会社のインターンに参加してみてください。
その中でオムロンがいいな!と思っていただけるように本日魅力を伝えていきたいと思います。

トップへ戻る

イベントは終了しました。
ご参加ありがとうございました。