道路交通商品向け通信端末装置の設計検証

道路交通商品向け通信端末装置の設計検証 イメージ

インターンシップ実施期間
8/29(月)~9/9(金)
実働10日間
実施場所
野洲事業所(滋賀)
応募条件
道路交通系の商品開発に興味がある方
あると好ましい経験・知識
組み込みソフトウェア開発の経験がある方
プログラミング言語(C言語)の知識がある方
ネットワークに関する基礎知識がある方

インターンシップ実施内容

交通信号機や車両センサなどといった、社会を支える道路交通系商品の開発を行っています。実習では現在技術開発中の通信端末装置の検証やデバッグを主にお願いします。私達が日常生活の中で利用している道路や交差点において活躍する商品に触れ、交通安全を守るメーカの取り組みや商品開発の一部の工程を実際に体験していただきます。

先輩社員①
オムロン ソーシアルソリューションズ
社会ソリューション事業本部 交通ソリューション事業部

当日お話する先輩社員のプロフィール
学生時代に取り組んでいたこと
【学部】
大学では電気電子と情報系の勉強をしていました。デジタルを扱う情報系よりはアナログ信号を扱う電気電子のほうが得意でした。

【大学院】
コウモリの超音波センシングについて研究をしていました。計測機器の扱い方や信号処理技術、コウモリの捕獲方法を学びました。
現在の仕事内容
■ 道路交通商品向け通信端末装置
今年度インターン応募内容の機器間通信端末の設計開発を担当しています。IoT社会に欠かせないネットワーク技術について日々学びながら仕事に取り組んでいます。

■ 自動運転向け新規商品開発
近年注目されている自動運転社会の実現にむけた新規商品の開発に携わっています。企業理念に掲げている「ソーシャルニーズの創造」を発揮すべく取り組んでいます。
学生の皆さんへ
何事も行動してみることが大切だと思います。自分がやってみたい、興味があることについてはあまり失敗を恐れずに動いてみてください。
行動力は仕事をする上でもよく必要となります。
オムロンは社員のやってみたいと思ったことをとても尊重してくれる会社です。今から行動力を身に着けておけば、きっと社内・社外問わず大活躍することができます。

先輩社員②
オムロン ソーシアルソリューションズ
社会ソリューション事業本部 交通ソリューション事業部

当日お話する先輩社員のプロフィール
学生時代に取り組んでいたこと
■研究
ソフトロボティクスを研究する研究室に所属していました。布センサの特性を研究しており、ソフト、ハード、エレキを広く浅く経験してきました。

■思い出
遊んでばかりで、面接時に「学生時代に力を入れていたこと」を言うのに苦労してた記憶があります。
現在の仕事内容
■SAPAの満空判定処理
SAPA(サービスエリア、パーキングエリア)の駐車状況を画像処理にて判定し、利用者に情報提供しています。今年度から車両検知にはDeep Learningを用いた検知技術を採用しています。

■落下物検知
高速道路上の落下物を画像処理にて検出する技術を開発しています。背景差分法とDeep Learningを組み合わせた技術での検出を目指してます。
学生の皆さんへ
インターンへ参加するにあたり、明確な目的を持って参加してほしいと思います。
貴重な夏休みの2週間を費やして仕事をすることになるので、別のことに時間を使えばよかったと思うような結果になると非常にもったいないです。社会人になると2週間の休みなんてそうそうないですよ!!
気になることはどんどん質問しちゃってください。仕事関係であれば何を聞いてもいいと思いますよ。こちらが答えられるかは別として。

トップへ戻る

イベントは終了しました。
ご参加ありがとうございました。