部品サプライヤのリスクマネジメントによる品質・信頼性の確保

部品サプライヤのリスクマネジメントによる品質・信頼性の確保 イメージ

インターンシップ実施期間
8/22(月)~9/2(金)
実働10日間
実施場所
草津事業所(滋賀)
応募条件
ものづくりに興味と探求心をお持ちの方
あると好ましい経験・知識
加工/電子部品の基礎知識がある方
計測器/分析設備の使用経験がある方
品質工学、信頼性工学の基礎知識がある方

インターンシップ実施内容

お客様へ「良い製品」を届けるには、製品を構成する各種部品の品質・信頼性が重要なファクターとなります。近年、ものづくりのグローバル化の加速やメーカ不正問題を背景に、部品品質の維持・向上のためのリスクマネジメント強化が求められています。実習ではリスクマネジメントの取組みを体験することで「お客様へ安心・安全な製品をお届けすることで社会的課題の解決を実現するオムロン」を実感していただきます。

  • ・サプライヤの品質リスク監視・部品の構造解析(計測/分析装置使用)/信頼性評価(環境試験)
  • ・サプライヤ現場での品質改善

先輩社員①
インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
グローバルクオリティセンタ 品質環境マネジメントセンタ 品質技術部

当日お話する先輩社員のプロフィール
学生時代に取り組んでいたこと
工学部 電子工学科でトランジスタの電気的特性から、トランジスタ設計に必要な等価回路のパラメータを決定するシミュレーションの研究をしていました。
現在の仕事内容
事業影響度の高い部品の信頼性試験、統計的データ解析による合理的な品質改善支援や、評価に必要な故障メカニズムの解明、また重大クレームの解析支援なども行っています。
学生の皆さんへ
皆さんとは随分年が離れていますが、大学生の息子と娘がいますので、親心をもってお話を伺えると思います。どんな些細なことでも結構ですので遠慮なくお聞きください。

先輩社員②
インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
グローバルクオリティセンタ 品質環境マネジメントセンタ 品質技術部

当日お話する先輩社員のプロフィール
学生時代に取り組んでいたこと
化学専攻の学校に通い、研究テーマは無機EL材料の開発でした。
当時は有機ELと競争する形で研究開発が行われており、実用化された大規模設備での製造ではなく比較的簡易な製造方法でのEL材料を目指し、試作×評価を繰り返していました。
奇跡的に卒論発表ギリギリで発光体が出来た時の安堵感は思い出深いですね。
現在の仕事内容
商品に搭載される各部材の品質を見極めるため、
評価方法やその手段を高度化していく事をミッションとしています。
具体的には部材のリスクを知る事と正確に試験・評価するための技術獲得です。

近年では、新たなサービスで市場拡大を狙う方針を基に、経験のない顧客要求・使用環境での品質リスクを評価する取組を開始してます。
学生の皆さんへ
短い期間ですが、会社ってどんな事するのかなぁ?だけではなく、日々どんな風に悩んで仕事をしているのか?とか、会社での人との関わり方を見る機会にしてみてはいかがでしょうか。

ご一緒する機会があれば僕達にも刺激になります。どこでもいいので気に入った部門があれば是非チャレンジしてみてください。

トップへ戻る

イベントは終了しました。
ご参加ありがとうございました。