FA制御機器向け次世代高分子材料開発

FA制御機器向け次世代高分子材料開発 イメージ

インターンシップ実施期間
8/29(月)~9/9(金)
実働10日間
実施場所
草津事業所(滋賀)
応募条件
化学系or材料系の知識を有する方
有機材料に興味がある方
あると好ましい経験・知識
研究テーマで有機材料を扱っている方

インターンシップ実施内容

工場で稼働する生産設備には、センサ、コントローラ、サーボ・インバータ、産業用ロボットなどの多くの制御機器が用いられています。これらの制御機器は、工場内の火花や油、洗浄液といった過酷な環境に曝されているため、商品に使用される素材の耐環境性を向上させることで「壊れない生産設備」を実現し、顧客現場での潜在的な課題解決に貢献します。本実習では現在制御機器に使用されているメジャーな素材に加えて自己修復プラスチックやバイオマスプラスチックといった次世代を担う新材料に触れていただきながら、顧客現場に耐える材料開発のプロセスを体験していただきます。

インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
技術開発本部

当日お話する先輩社員のプロフィール
学生時代に取り組んでいたこと
紫外線高電子分光装置(UPS)を改造し時間分解測定を行う研究をしていました。時間分解UPS測定により半導体の原子欠陥の密度を評価したり、太陽光発電などに用いられる光電変換素子の挙動観察をしていました。
現在の仕事内容
医療業界・食品加工業界で使用される洗浄剤や殺菌剤に対して商品耐久性を向上させる材料技術を研究しています。
また、所属するチームではカーボンゼロを目指したバイオマスプラスチックに関する研究やその他様々な材料研究をしております。
学生の皆さんへ
今回のJOBRARYでは普段聞きにくいことも含め、仕事や会社、就活の悩みについて話せる場だと思っていますので、気軽にお話しましょう。

トップへ戻る

イベントは終了しました。
ご参加ありがとうございました。