制御部品向け機能性金属材料開発

制御部品向け機能性金属材料開発 イメージ

インターンシップ実施期間
8/29(月)~9/9(金)
実働10日間
実施場所
岡山事業所(岡山)
応募条件
材料に関する基礎的な知識をお持ちの方
あると好ましい経験・知識
分析装置の知識をお持ちの方

インターンシップ実施内容

工場の自動化や通信、家電を支える制御部品は、金属や樹脂など様々な材料から構成されています。素材の性能を向上することは、部品性能を向上し顧客の製品の高機能化に貢献します。本実習では、機能性金属材料を対象に素材物性と部品特性の関係を導出するプロセスを体験していただきます。また、課題に対してチームで取り組むことの重要性も学んでいただきます。素材の機能を高度化することで、新しい価値・商品に繋がることを実感して下さい。

デバイス&モジュールソリューションズカンパニー
技術統括部 材料技術グループ

当日お話する先輩社員のプロフィール
学生時代に取り組んでいたこと
電気電子工学専攻で、プラズマ物理の基礎研究に取り組んでいました。
研究室では、イオン源(チャンバー)の設計から、計測系の構築など、自由度高く研究することができました。
また、研究室のメンバーは個性的な人が多く、今では趣味であるゴルフについても院生時代に社会経験として始めました。
現在の仕事内容
DMS主力製品の一つであるリレーという電子部品に使用される「接点」について、接点材料の研究開発を行っています。
リレーには様々な形、対応する負荷が存在し、最適な接点材料は異なっています。実際にサンプルを作成し評価したり、接点メーカと議論することで高性能な接点材の開発を目指しています。接点は物理的な挙動と化学的な現象が複雑に絡み合っており一筋縄ではいきませんが、提案した接点で性能クリアした時にはとてもやりがいを感じることができます!
学生の皆さんへ
今回、オムロンに興味をもっていただきありがとうございます!
私たちの職場は、若手からベテランまで気兼ねなく話しやすい環境でとても働きやすいです!
オムロンという会社が何を大切にしている企業でどのような社会貢献をしているのか、ぜひインターンにお越しいただき体感していただければと思います。
少しでも皆さんの就職活動のヒントになれば幸いです!お待ちしてます!!

トップへ戻る

イベントは終了しました。
ご参加ありがとうございました。