生産現場の作業者支援に向けたAI技術検討

生産現場の作業者支援に向けたAI技術検討 イメージ

インターンシップ実施期間
8/29(月)~9/9(金)
実働10日間
実施場所
草津事業所(滋賀)
応募条件
プログラム作成経験のある方
あると好ましい経験・知識
AIデータ分析(Python、C#、Unity等に対応できることが望ましい)ができる方

インターンシップ実施内容

オムロンでは「integrated 制御進化」「intelligent 知能化」「interactive 人と機械の新しい協調」の3つの技術によって製造業におけるさまざまな課題を解決しています。実習では、生産現場における人の作業をAIを用いて分析し、作業コーチングや異常検知などを支援する機能の検討・開発を担っていただきます。(ARグラスを用いた作業者習熟支援‐作業分類技術検討など)

インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
技術開発本部

当日お話する先輩社員のプロフィール
学生時代に取り組んでいたこと
大学の研究室では、現在スマートフォンに使われているOLED(有機EL)の開発をしていました。現在の業務とは直接関係ありませんが、データ分析の知見や、開発の進め方の基本は現在の業務にも生きています。
現在の仕事内容
工場の作業者を支援するためのアプリケーション開発を行っています。具体的には、作業者や設備などの情報を収集し、分析することで、作業者の苦手な作業を特定し、コツを提供するような技術を開発しています。
学生の皆さんへ
学生の頃は研究室の研究内容や専門性を生かした業務につきたいと考えていました。実際に社会人になってから、研究内容ほぼ同じ業務をしていた時期もありますが、現在は新たに技術を勉強しながら新分野にチャレンジしています。
自身の専門性も重要ですが、「自分のやりたいこと」であれば思い切ってチャレンジすることも重要と考えます。

トップへ戻る

イベントは終了しました。
ご参加ありがとうございました。