ロボットビジョンシステムのアプリケーション拡大に向けた技術調査、検証

ロボットビジョンシステムのアプリケーション拡大に向けた技術調査、検証 イメージ

インターンシップ実施期間
8/29(月)~9/9(金)
実働10日間
実施場所
草津事業所(滋賀)
応募条件
画像処理技術の知見、興味をもっている方
ソフトウェア開発(プログラミング:C言語、C++、Python)などの経験・知識がある方
自分の興味のあることに熱中して取り組める方
あると好ましい経験・知識
AIを用いた画像処理技術の知見、興味がある方
グローバルでの社会課題の解決に興味がある方
画像処理を活用したロボットの研究・開発に興味がある方

インターンシップ実施内容

弊社が2021年に発売した3Dロボットビジョンシステムは、人手に頼っていた部品ピッキング作業を自動化することで、製造業の人手不足や人件費高騰に対応するとともに、人を単純で継続困難な作業から解放することを実現しました。ロボットビジョンシステムはより大きな可能性を秘めており、今後も継続的に以下のようなアプリケーションに挑戦していこうとしています。

  • ・より小型で複雑な形状の部品のピッキングへの対応
  • ・世の中の他社センシング機器を接続したアプリケーション検証
  • ・ロボットビジョンへのAI技術活用に向けた技術調査、検証

この実習を通して画像処理技術を実際にどのように製造現場で適用しているのか、製造現場のリアルな課題、商品化するために超えなければいけない技術の壁などを体験することができると思います。

インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー
商品事業本部 センサ事業部

当日お話する先輩社員のプロフィール
学生時代に取り組んでいたこと
■研究
移動ロボットの自己位置推定に関する研究を行っていました。具体的には、環境内に設置した複数のQRコードをカメラで観測することで、ロボットの自己位置推定精度を高めるための研究を行っていました。

■サークル
救助活動を題材にしたロボットコンテストに参加していました。
現在の仕事内容
工場での組立作業をロボットで自動化するために、ロボットの眼となり部品の位置を教えるビジョンセンサのソフトウェア開発を担当しています。
自分が作った商品の立ち上げサポートに向かうこともあるのですが、実際に動いている商品を見るのは、自分の仕事にやりがいを実感できます。
学生の皆さんへ
就職活動の時には、ロボットに関わる仕事がしたいと思いオムロンを志望しました。
幸い入社後もロボットに関わる仕事を続けさせてもらっており、その中で知識や技術を積ませてもらっています。
座談会では、業務内容に関わらず就職活動に関することでもお気軽に聞いてもらえればと思います。

トップへ戻る

イベントは終了しました。
ご参加ありがとうございました。